FC2ブログ

珍しい経験(養蜂場見学)

2015-06-30

はちが飛びまわるっ




5月半ばに友人に誘われ養蜂場の見学に行って来ました。

多摩地区(立川)で養蜂が行われていたなんて・・

そこのご主人からミツバチに関するいろいろなお話を伺いました。
そこのミツバチたちは採蜜(花から蜜をとること)のために昭和記念公園まで飛んで行く、との事。
 昭和記念公園まで飛ぶって・・??
 無知の私はミツバチが女王蜂のためにせっせと遥か遠くまで蜜をとりに行くことを知りませんでした(>.<)

ミツバチは原則として巣箱で蜂蜜を作ることに専念します。
 だから余程の事がない限り人間を刺すことはしないそうです。


そう聞いて安心して巣箱の近くに行き、お話を伺いました。

DSC01122.jpg

DSC01126.jpg

写真でミツバチたちが飛んでいたり、洋服にとまっていたり・・
見えるでしょうか?

それでも、ミツバチに刺された人はいません。

DSC01130.jpg

写真はミツロウ(蜂の巣を精製した、食べる事もできるロウ)
貴重品です(^-^)

養蜂家の苦労と貴重な蜂蜜作りを知って、
純粋な蜂蜜が高価な訳も知りました。

DSC01120.jpg








スポンサーサイト



孫の一人旅

2015-04-07

3月は楽しみにしていた山のイベントがあったが、
シンガポールに住んでいる孫(女の子・14歳)から急に帰国したいと連絡があった。


イベントはキャンセルし、予定も変更し孫の到着を待った。
シンガポールを深夜に出発、成田空港には朝8:00到着予定


家族で旅行はしているものの、1人で帰国するのは初めて。
ハラハラドキドキしながら出てくるのを待った(>.<)

国際便は出国まで時間がかかるのは承知の上。
でも、それにしても遅い・・

心配になって電話をすると、荷物を取っているところだと言う。
無事に着いたんだ・・
少し安心する


しばらく待っていたら、ようやく現れた(^-^)/
入国の時に提出する用紙に日本での滞在先を記入する欄がある。

電話番号はわかっていても、住所なんてわからないのは当然・・
(メールアドレスは知っていても・・)
それで手間取っていたようだ。


スカイライナーで日暮里まで。
そして電車を乗り継いで自宅に帰ってきた。


最寄り駅の桜は満開なり

DSC00739.jpg


近くの公園も

DSC00734.jpg

お昼ごはんを食べながら、「これから何がしたい?」と聞くと
即座に「ショッピング♪」と答える。


深夜便でシンガポールから飛んできたのに、疲れていないのか・・(笑)

では・・・

立川へショッピングに出かけた。
雑貨屋、化粧品店、本屋など・・
精力的に歩きまわっている


シンガポールで日本の本を買うと1、5倍の値段。
だから帰国した時にまとめて、たくさんの本を買っていく。

時間がかかるので、私はを飲みながら待っていた。


やっとの事できょうの買い物は終了!
(次の日は一日がかりでショッピングをする)


デパ地下に寄り、夕食の買い物をして帰宅した。

それにしても疲れた・・

期日前投票へ・・

2014-12-09

 

 
 
 
 
 
 
 
 
衆議院議員選挙の投票日は12月14日。
 
その日は予定があるので、きょう期日前投票に行ってきた。
メディアの独自の調査によれば、選挙をする前から自民党の過半数は
決まってしまっているかのよう・・
 
だったら選挙に行くのは止めよう。
そう思う人がますます増えることになる。
 
選挙にかかる費用は莫大なもの。
それも国民の血税から支出されるのだ。
 
政治に無関心・・というのは自分たちの生活を良くしよう・・という気持ちが
ないからなのかなあ?
 
私の個人的な意見では、アベノミクスの影響を受けられたのは、一部の
限られた人たちだけ・・
 
現に消費税の引き上げによって、以前より生活費を節約している人が多いのでは。。
 
 

 
 
 
投票に行かない人は、せっかく与えられている権利を放棄してしまうのよ!
 
 
YESでもNOでもいいのです
 
自分の意志を示しましょうよ(^-^)

山のサークル

2014-12-06

山の経験のない私は一人では行けないので、SNSの山のサークルに入った。
 
管理人(リーダー)がイベントを立てて、それに参加申請する仕組み。
 
最初の頃は高尾山周辺の山が多かった。
 
私にとって、どの山も初めての山歩きで、降水確率が50%になると
イベントは中止になるので、歩きやすかった。
 
低山は問題なく歩けるようになったので、次は涸沢カールの紅葉が見たくなった・・
 
果たして歩けるかどうか・・
それが心配だったが、リーダーは大丈夫・・と言ってくれた。
 
2年前の秋
 
新宿から夜行バスで上高地へ。
枕が変わると寝れない私・・
やはり一睡も出来なかった
 
それでも頑張って歩き出す!
 
涸沢への登りは睡眠不足の身にはつらいものだった。
それでもナナカマドの紅葉と山々の絶景は気持ちを奮い立たせるのには
十分だった(^-^)
 

 
 

 
 
 

 
紅葉シーズンの山小屋は平日でも満杯。
一つの布団に3人が寝る・・
寝返りも出来ない状態で、まわりからは歯ぎしり・いびきが聞こえてくる。
 
前夜、寝ていない私は疲れきっていたので、今夜こそ・・と思っていたが、
こんな状況では眠れるはずもない。
 
頭も痛いし、体調は最悪だった。
 
それでも無事に下山して帰りのバスの中では眠りにつけた
 
これで思い残すことはない。
 
今度からは低山を楽しく歩こうと思った。

山が好きになった理由

2014-12-05

娘時代も大人になってからも“山”よりも“海”派だった。
 
それでも時間が自由にとれるようになってからは夫とドライブがてら山に行き、広島の吾妻山、鳥取の大山(だいせん)、四国の剱山、九州の阿蘇山、九重山、
志賀高原の横手山、草津の白根山・・などに行った。
駐車場に車を止め、ロープウェーがあれば乗り・・
 
山は観光が目的だった。
 
 
SNSに入って友だちが出来、その人達の山の日記や写真を見て、私も山をやってみようかなあ・・と思った。
 
 
山を始めるにあたって友だちからのアドバイス。
 
 
衣服や道具のこと。
 
 
山は危険が伴うので、雨具、シューズ、衣類などは撥水性に富んでいるもの。
ストックはダブル(2本)でザック(リュック)も軽くて背負いやすいものを。
 
一応、最低限のものを揃えたが、山も結構、お金がかかる(>.<)
 


 
友だちが紅葉の美しい燕山に行こう・・という。
大丈夫・・
ゆっくり歩けば。
 
行く前に高尾山でトレーニングし、軽い気持ちで出かけた。
(ホントに軽い気持ち・・)
 
山を知っている人たちならば、初心者の私がいきなり燕山に行く・・と言ったら
もう少し低山を歩いてから・・と言うに違いない。
 
登山口からのいきなりの急登
今の私だったら、ゆっくり、ゆっくり息を整えて登るだろう。
 
4年前の私はひたすらどんどん登って行った。
息が切れ、動悸が激しい・・
心臓が破れるかと思ったほど。
 
コースタイムよりだいぶ遅れて・・それでも頑張って登った。
 
やっと紅葉が見られ、元気が出た
 

 
やっと山小屋が見えてきた!

 
 

 
さすが2000メートル級の山。
まだ10月の始めなのにこの紅葉・・
 
ヘロヘロになったが、2763mの頂上を制覇!
この日は山小屋に泊まり、満天の星空、翌朝の日の出を拝んで下山。
 
翌日から物凄い筋肉痛に泣かされたが、お天気に恵まれたこと、無事に下山出来たこと・・
 
私は山歩きが好きになりました(^-^)
 
Graphical Clock cat
Graphical Clock
ネコが好きな物
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

☆さっちゃん☆

Author:☆さっちゃん☆
FC2ブログを始めました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示